アトモス
ATOMOS

アトモス
ATOMOS

株式会社 東映テレビ・プロダクション様
『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』

SHOGUN INFERNO 活用事例

デジタル一眼レフカメラでの映像撮影現場に安定感や安心感、映像品質向上をもたらすSHOGUN INFERNO は、現場革命の起点となる。

株式会社 東映テレビ・プロダクション
技術運営部 林 和哉 様

2019 年7 月公開の映画『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』では、SHOGUN INFERNO が撮影機材の一部として使用されています。 今回、SHOGUN INFERNO 導入を提案した技術運営の林 和哉さまに、実際の映像撮影におけるSHOGUN INFERNO の強みや、今回の作品ではどのようなシーンに使用されたかなどについてお話をうかがいました。

東映テレビ・プロダクション 林 和哉 様
株式会社 東映テレビ・プロダクション 技術運営部 林 和哉 様

撮影現場に安心感をもたらすSHOGUN シリーズ

今回の映画『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』の撮影現場において、SHOGUN INFERNO はメインカメラであるパナソニック製シネマカメラ 『Varicam LT』とサブカメラであるデジタル一眼カメラと組み合わせたセッティングで使用されました。

映画撮影は一つのシーンを数台のカメラで撮影しますが、SHOGUN INFERNO と各種カメラを組み合わせた機材は、主にB カメラやC カメラとして使用されたそうです。

今回、東映テレビプロがSHOGUN INFERNO の運用検証を決めた理由は主に二つあり、ひとつ目はフォーカスの確認です。デジタル一眼カメラの背面に搭載された液晶モニターでは小さすぎてフォーカスが正確に確認できないので、しっかりとフォーカスを確認するためだそうです。

ふたつ目は、バックアップレコーディングの安心感です。カメラコーデックに左右されないコーデックでSHOGUN INFERNO のSSD が映像を保存してくれるのは、画質担保の点から見ても非常に安心できるのだそう。林さまが関わる作品では、初代SHOGUN シリーズの頃から使用されていて、初代を購入した当時はアクセサリも充実していなかったため、モニターフィルムを自作して貼っていたというエピソードもお持ちなほど。

東映東京撮影所

太陽に負けない輝度は大きな武器

今回の作品で、SHOGUN INFERNO を組み合わせた撮影機材は、主にB カメラ、Cカメラというサブカメラ的な位置づけで使用されていました。しかし、動きの多いシーンや移動ショットなど、撮影側の機動性が必要なシーンではメインカメラとして使用したとのこと。

その理由は、機材全体の軽さが機動力につながり、躍動感のある映像を生み出してくれるからだそうです。また、屋外撮影では液晶画面にシェードを付けても太陽光の映り込みを完全には防げません。
しかし、SHOGUN シリーズのモニターはnit 数が高く、直射日光が当たっても負けることなくはっきりと映像を確認できるそう。この点もSHOGUN シリーズが手放せない理由だそうです。

中には「HDR が必要ない現場などでは、SHOGUN INFERNO は過剰スペックではないか?」と考える人がいるかもしれませんが、林さまによると「デイで撮る時のあのnit 数は、撮影クルーにとってSHOGUN INFERNO を導入する十分な理由になります」とのことでした。

撮影風景

映像製作の現場に変革をもたらす一助に

「映像製作の現場でデジタル一眼カメラ + SHOGUN INFERNO のような小型機材が撮影現場に浸透することは、映像制作に大きな変革をもたらす可能性があります」と林さま。

例えば、従来はある程度クオリティを担保できる映像機器は非常に高価なハイエンド機材しかなく、機材を扱える人はごくひと握りしかいませんでした。
しかし、デジタル一眼レフカメラとSHOGUN シリーズを組み合わせた機材で映画作品を一本完成させられる時代になり、限られた予算と製作期間でも、それに見合う形での映像作品製作を可能とする環境になると思います。今後はさらに映像コンテンツがより多くの人が映像を作るようになっていくと予想されます。

また、個人所有できるレベルの機材での動画撮影が一般化することで、これまで以上に使い手の演出力やアイディアが勝負の分かれ目になる、と林さまは予測していました。 加えて、こうしたデジタル一眼レフカメラ+SHOGUN シリーズのような小型撮影機材の普及は、エンターテインメント製作者になるという志を持つ人々にトライ・アンド・エラーができる環境を与えることにもなるといいます。従来、業務では当然失敗できないため、先輩との仕事を通していかに効率的に失敗のない撮影をして映像を作るかを学ぶのが主流 でしたが、これからは若 いうちに自分の作品の中で失敗から学ぶ時代になるといいます。そして、失敗の中から自力で解決法を見出そうとする試行錯誤の中 でまったく新しい映像表現 が出てくるかもしれない、と話していました。

SHOGUN シリーズは映像制作者必携の1台!

日々の撮影でSHOGUN INFERNO を使用する林さまから、今回のインタビュー中に熱対策に関するご要望をいただきました。特にSSD は熱を帯びると速度が極端に落ちてしまうため、『いかに冷却するか』がユーザーの間では重要課題だと認識されているとのこと。

その解決策の一つとして、現在マスターキャリーはプラスチック製ですが、アルミ製のものを開発・販売してほしいというご要望をいただきました。さらに表面を凸凹のあるフィン形状にして放熱を促進すると同時に、デザイン的にも成立するようなカッコイイマスターキャリーケースなら、今以上にユーザーに支持される製品になるのでは、とのことでした。

また、映像素材のバックアップ先として、SDI コンバーターとして、さらには映像を確認するモニターとしても使えるため、映像製作者がSHOGUN INFERNO の購入を検討しているなら、購入することをおすすめする、との言葉をいただきました。
今後もMEDIAEDGE は、映像制作に関わる皆様をトータルにサポートさせていただきます。

SHOGUN シリーズをより有効に活用するために

今回、撮影素材のバックアップ先としての利用を考えておりましたが、デジタル一眼カメラからのHDMI 出力を受けてSHOGUN INFERNO で同時Rec を行ったところ、カメラ本体の収録素材とSHOGUN INFERNO での収録素材に数コマのズレがあり、また、タイムコードに付いても同期が掛かりませんでした。

この形だと素材相互のリンクが掛からない為、ポストワークでの運用に支障が出てしまいます。
また、SHOGUN INFERNO では10bit収録が可能ですが、デジタル一眼カメラの多くが8bit 収録のため、SHOGUN INFERNO が持つ機能を有効活用する事が出来きません。
SDI での信号出力機能強化、ビットレート向上など、カメラメーカーさんに於いてはユーザーの声を幅広く集約した上での製品開発を大いに期待するところであります。

林 和哉 様のコメント

映画『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』は、令和の幕開けにふさわしい希望に満ちたストーリーの作品です。その物語を支える映像の説得力や迫力に、SHOGUN INFERNO は非常に貢献してくれました。
ぜひご覧ください。